• 仮性包茎、実は問題ない?

  • ■病気ではない
    包茎には仮性包茎と真性包茎があります。仮性包茎について「治した方がいい」とする各種広告なども多いです。でも、本当にそうでしょうか? 病気でないことは、事実です。

    ■多い
    日本人成人男性の6割ぐらいが「仮性包茎」です。もし、大きな健康的問題があるとすれば、話題になっているはず。 つまり、主に見た目を気にするとか、「なんとなく広告が出ているから」という理由から気にする人も多いわけです。

    ■洗える
    「真性包茎」の人は、直接亀頭を洗うことができず、包皮と亀頭の間の汚れを掃除できません。この理由もあって保険適用治療となります。 仮性包茎では、簡単に洗えるのですから、大した問題ではないのです。

    ■性行為に問題はない
    仮性包茎では、特に痛みもなく、性交を行えます。行為の前に洗えば、不潔でもありません。洗っていない「剥けたペニス」の方が汚いでしょう。 早漏傾向になるといった説もありますが、むしろ性交への慣れや、ある相手への慣れが重要です。入浴時の洗浄などで亀頭に刺激を与えても、敏感さ解消になります。

    ■惑わされずに
    仮性包茎の治療で自信ができるのは否定しません。手術が失敗しない限りは、コンプレックスもなくなり、良い気分になるでしょう。 ただ、「しなくてはいけない」わけではないのです。文化によっては手術が全く普及していない所も沢山あります。 大事な部分であるからこそ、自分でしっかりと考えましょう。